【たくさんの失敗から掴んだ幸せ】寿 華江のお見合日記Part2~大手結婚相談所編

ブライダルサロン ココロ

TEL.090-8707-1081

〒121-0057 東京都足立区神明南(無料入会面談は都内のホテルのラウンジにて行います。)

10時~19時:水曜定休

寿 華江のお見合い100人日記

2017/02/06 【たくさんの失敗から掴んだ幸せ】寿 華江のお見合日記Part2~大手結婚相談所編

大手結婚相談所に入会してから婚活迷子になり紆余曲折しながら幸せを掴んだ道順を追っていきます。

婚活中のあなたのヒントになれば幸いです。
************************************************
A社で契約後、その場でお見合い写真を撮りました。

が、。。。出来上がったプロフィールを見て愕然としました。
 
写真が白黒コビーなのです。
 
ほとんど真っ黒でコワイ(T_T)
指名手配犯のようでした。

こんな人相でお申し込みがくるのかなぁ、と心配になりました。
 
プロフィール閲覧は昔はPCではなく紙ベースで郵送されてきました。
 

例えばお申し込みをする場合、私からA社の支店を通して相手に郵送します。
相手がOKなら直接電話が来ます。

NOの場合は相手から支店を通して私のところにお断りのお手紙が来ます。
そう、ものすごく時間がかかるんです!
 

A社はデータマッチングだったので、ランダムに相手のプロフィールが送られてきました。
(今でもA社は相手の顔写真を見ないでお申し込みするみたいですね。)
 
また、プロフィールには今では考えられない程個人情報が満載で、YESなら受けた側が直接家に電話をして会う日を決めていました。

 


個人情報はない時代。

家に電話ってすごいでしょ?
知らない人に電話するなんてドキドキだったわーーー。( ;∀;)
 
今でこそ20代~30代の男性会員さんが多く在籍していますが当時は20代、30代前半なんて全然いませんでした。
 

当然、お申し込みは30代後半から40代後半までが主です。
テンション下がります。
 
でも、やるしかないので一番初めにお申し込みが来た38歳の男性に電話をかけました。

当時、私は札幌に住んでいて彼は十勝在住。
車で3時間の距離です。

会いに来てくれるというお言葉に甘えて待ち合わせは札幌で。
食事の居酒屋も決めてくれました。
 

お見合いで居酒屋なんて仲人型相談所では考えられないですよね。
初めてなので、そんなことが変だとも思わずに会員歴が長い彼にお任せしました。
 
彼の第一印象は「会社の上司」。

全く緊張しないで話せました。

2時間食べてビールを飲んで帰りのエレベーターの中で彼が「いや~ニンニク食べちゃったからキスできないなぁ。」と大きな声で言ったのです。
しかも2回も。
 

今ではサラッとかわせる私でも20代の頃は乙女。

ドン引きしました(;´Д`)
そして、もうナイ。と。

今、振り返ると彼はとてもいい人でした。
女性経験が少ないので失言したのでしょう。
 
当時の私はそんなことに気が付かず家に帰って速攻交際中止の手続きをしました。
郵送で。
 

芸能人でもない限り一般的に27歳から見ると38歳はオジンです。
101回目のプロポーズ的な逆転劇をお見合いに期待するのは難しい。
 

余談ですが、仲人業を始めて40代の男性が20代にお申し込みするのを何度も見ました。
逆に30代後半の女性が一回り年下ボーイにお申込みするのも見ました。

お見合はご縁ものですが、余程じゃないと40代で20代と成婚までは厳しいかなと個人的に思っています。
ただ、世の中にはミラクルが起こる可能性があります。

仲人としては頑張ってミラクルを起こして下さい、と願っているので後悔しないためにもお申し込みはした方がいいです。
 

何事もあなたの努力次第で道は開けます。
 
こうして、可もなく不可もなく私のお見合いデビューが終わりました。

この日から10年も婚活するなんて、想像すらしていませんでした。トホホ。

続く


教訓 男性は失言する生き物。言葉尻にとらわれず相手を引いて見つめる。

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

TOP