【たくさんの失敗から掴んだ幸せ】寿 華江のお見合日記Part11~婚約編

ブライダルサロン ココロ

TEL.090-8707-1081

〒121-0057 東京都足立区神明南(無料入会面談は都内のホテルのラウンジにて行います。)

10時~19時:水曜定休

寿 華江のお見合い100人日記

2017/02/23 【たくさんの失敗から掴んだ幸せ】寿 華江のお見合日記Part11~婚約編

大手結婚相談所に入会してから婚活迷子になり紆余曲折しながら幸せを掴んだ道順を追っていきます。


婚活中のあなたのヒントになれば幸いです。

************************************************

私は37歳で成婚しました。


27歳から始めた婚活が10年目でようやく終わり明日から何もすることがない。

婚活の為に頑張っていた美容やジョギング。


会社も辞めて東京に行くことになったと同時に燃え尽き症候群のようになりました。

10年間、婚活だけが心の支えだったんだなーと改めて感じました。


相談所に成婚料30万円を支払い退会しました。

それから結婚式までが本当に忙しかったです!


私はブライダルエステに行ったり優雅な婚約ライフをイメージしていたんですが全然違いました。

まず、結婚式の準備で主人と意見が合わずマリッジブルーになりました。

 


私にもやってきたマリッジブルー。


招待状の作成から席順、引き出物と引菓子、全てにおいて意見の違いと風習の違いがありました。

ご存知のように北海道はご祝儀がありません。

 


結婚式は会費制。親族が新郎新婦に近い席に座ります。

関東は逆。私も主人もしきたりが分からなくて義両親のチェックが入りました。


同時に住宅も購入し、主人の仕事が忙しかったので義両親と電話でやり取りをしました。

 


週末に私が飛行機で東京に行って結婚式の打ち合わせ、住むエリアを足立区に決めていたので安いホテルに主人と泊まり朝は早くから家電や家具を見に行き不動産巡りをしました。

 

最終の飛行機で札幌に帰り月曜から仕事と義両親に電話で状況報告をして翌週のスケジュールを立てる。

 

このようなことが3ヶ月続きイライラマックスで結婚式前に爆発してしまいました。

式まで1カ月半というところまできて「結婚やめたい。」と親と主人、義両親に言ってしまったんです。

 


主人は体調が悪くなるし義両親ともギクシャクして周りの人に大変迷惑をかけました。

この時、私は相談できる人がいませんでした。

 

あんなに欲しかった結婚がそばまで来ているのに一歩を踏み出すことが怖くなったのです。

 

当時、主人は仕事が一番忙しくトラブル続きでした。

仕事のことは私に話しませんでしたので私は全く気がつきませんでした。

 

今思うと理解できなくて本当に申し訳なかったと思います。

 


私は、気候や風習が違う東京で本当に生活していけるのか心配ばかりでした。

無事に式が終わると頼りの主人はほとんど家にいなくて誰も話し相手がいませんでした。

 

式から半年間は窓の外を見つめて泣いていました。

 


北海道に帰りたい。帰りたい。帰りたい。帰りたい。

そう思って思い切って母に電話しました。

 


すると
「やっぱりね。あんたは離婚すると思っていた。」
と予想外の答えが返ってきました。

 

私と母は元々相性が合わなかったのですが、この一言でもう私が帰るところはないんだ。主人と頑張ろうと思いました。

そう思って良かったです。

 

ギクシャクしていた主人と話して少しづつ絆が生まれました。

 

続く

 


教訓 結婚は家族が増えるとともに本当の意味で親からの自立でもあります。

 

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

 

TOP